ファミコン世代の有名人だった高橋名人がしくじり先生で秘密を告白!!

この記事は1分で読めます

 5月28日にしくじり先生という番組を見たらたまたまファミコンの高橋名人が出ていたから懐かしくてずっと見てしまった。

彼はファミコンしてた子供の時はすごい人気があってたから何をしくじったかなと思ってたら、色々エピソードを話された

ので興味深く見させてもらいました。

 高橋名人はブログを書いているので、今の高橋名人の状況は下記ブログを参照するとわかる。

 https://ameblo.jp/meijin16shot/entry-12276857607.html

内容をまとめると

①当時はハドソン社の社員で、社長にいきなり名人として勝手に宣伝台にされていた事。

②ゲームはだ実はすごく下手で、プロモーションでプレーする30秒分だけ発売前からゲームを練習してなんとかごまかしていた。

③テレビとかイベントに出まくっていたが、社員のために報酬は0であくまでもサラリーマンとしての報酬のみだった

④当時は子供たちをだましているという罪悪感で悩んでおり、蕁麻疹や湿疹が発症したほど。

 でも僕は高橋名人は、当時のファミコン世代の子供たちに夢を与えたという点では十分役割を果たしてくれたと思う。

 高橋さんのエピソード聞いて思ったのが、情報操作というのはあらゆるところであるのだなと、僕らがメディアから得るニュースにしても情報操作されている記事も多い。そういう意味では情報をいったん自分でかみ砕いて認識しなければならない。

 ニュースをそのまま鵜呑みにする危険性を強く感じた日だった。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します