仕事のミスはADHDのせい?最近認知されてきたADHDとは?

この記事は2分で読めます

最近知人がADHDの症状に当てはまることが多く悩んでいることを知った。僕はその症状を知らなかったけど、調べていくうちに僕もあてはまる事項があり、特に仕事上この症状を抱えている人は、誤解を生みやすいかもしれない

そこでADHDとは何か?調べてみた

 

ADHDとは?

僕も知らなかったが、日常生活で理解してもらえずに意外と悩まれている人が多いのがADHDという発達障害の一種と言われる症状である。

ADHDとはAttention Deficit Hyperactivity Disorderの頭文字で、注意欠如多動性障害という症状だ。

これは脳の発達障害のひとつで、元々は子ども特有の障害だと認されていたが、最近の研究で大人になっても継続して症状を残っており、悩む人は多く、全体の2.5%の人が持っているといわれる

ほとんどの人は自覚がないまま社会で対応しているが、ADHDであることに気付かず周囲に迷惑かけていると考えている人も多いようだ。

 

ADHDの症状は?

大人で現れる主な症状として以下の3点だろう

①うっかりミスが多い、一度に複数の指示をされると忘れてしまう、複数の仕事を同時に処理することが苦手、作業効率が悪い

②気分が高揚すると、落ち着いて行動できない』『言葉の間違った覚え』『空気が読めない』『整理してもすぐぐちゃぐちゃ、思ったことを口にする

③じっと座ってする活動(映画やテレビを見る、新聞を読むなど)が続けられない、いつも何かをしている、活動していないと不快になる

まるで仕事ができない人の特長なのだが、これがADHDの特徴なのである。でも必ずしもあてはまっているからといってADHDとは限らないが、自分でどんなに努力しても

①~③の症状で悩んでいるのなら該当する可能性はある

 

ADHDの人は天才型が多い?

ADHDの人は興味があることに対しては集中力を発揮したり、個性的な感性を持っている人が多いのも特徴で、成功者も多い。

例えば俳優のトム・クルーズは子供のころ学習障害で、失語症の為学校をいくつも渡り歩いたことを公表している

 

ADHDの対応は?

まず自分がADHDに該当するか?病院で診てもらうのが一番だろう。仕事上のミスもADHDが原因であれば、自分の努力不足ではないわけだから精神的にも和らぐはずだ。

でも仕事をしている以上迷惑はかけれないわけだがら、業務上の配分等職場の上司とも話しすることが必要となる

 

僕も当てはまるところは多い

そういう僕自身も物忘れが子供の時から多くて、いろんなものを忘れてきているし、そわそわしていることも多かったので、もしかして子供のころADHDかもしれない。

今は相変わらず忘れ物時々するが、仕事に影響するようなミス等はないので問題ないかなと考えてます。

でも大事なものは今のところ忘れ物はないけど、傘は相変わらずどっかに忘れてしまう癖は直さないとと反省してます。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します