嫌煙家に朗報!はたして禁煙者も安心して飲みに行けるようになるか?

この記事は1分で読めます

 今日は日経新聞の注目記事から

僕も含め煙草の大嫌いな人には朗報で、国が今回健康推進法の改正で、飲食店等で室内での喫煙を禁じる法律を制定したとの事で、禁煙家にとっては朗報かなと考えてます。

 ただ国の法律は、100㎡以下は対象外ということで、小さい飲み屋さんや、居酒屋はそのまま喫煙者の天国のまま。

 しかしオリンピックがある東京は厳しくて、都条令である受動喫煙防止条令で例外なく室内喫煙を禁じている。

 職場では禁煙メンバーが多いので全く問題ないが、まだまだ居酒屋は煙草を平気で吸う人が多く、禁煙者は禁煙の権利を堂々といえず嫌な思いしている人は多いと思う。

  喫煙ルームの密集した空間の白い空間は見ているだけで気持ち悪い。

  飲食店サイドとしたら死活問題やけどだからこそ、差別化できるチャンスと思う。僕らのような禁煙家が安心して飲めるところが増えれば新たな客層が開拓できると思う。

 幸い僕は平日都内にいるので、都内の飲食店が条令を受けてどう動くか今後も注目したいなと考えている。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します