お盆休みの株式投資はシーソーゲーム

この記事は1分で読めます

今日の日本株投資銘柄はは、昨日回復した株価がまた下落し、シーソーゲームと化している。

 ウィルプラスが前日比-4円で994円新報国製鉄は前日比-30円で1470円、クニミネ工業は-18円で1046円と再度下落した。

 ウィルプラスについては正直回復しない理由が分からないので待つのが疲れてきた。今後も復活の兆しが見られない場合は、見切り株と見なしてフェイスネットワークと同じく、他の銘柄に移行する必要がある。

 ウィルプラスは、去年秋から保有しており、世界同時株安で含み益が一挙に含み損になってからおかしくなった。何回か裏切られて売却したくなったが、思い入れが出たせいで売却はできなかった。ウィルプラスの含み損はこれが原因。しかもなかなか上がらない。

でも今回の決算と株価が反比例なこの銘柄保有に対する自信はなくなったので、このまま株価がうだつの上がらない感じが続くなら見切るか考えたい。

 なかなか上手くいかないが資産増やせればラッキーぐらいの軽い気持ちでしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します