ふるさと納税 泉佐野市の100億円還元キャンペーンは3月まで!お得な理由とは?

この記事は2分で読めます

 国民の義務として納税があるが、自分が住む市町村以外の行政へ寄付金という形で納税できるふるさと納税はとてもお得な制度なので毎年フル活用している。

 私はウナギが大好きなので、毎年ウナギで有名な浜名湖地区の自治体である湖西市を選択し、ふるさと納税を実施してきたが、今年は泉佐野市がふるさと納税3月末まで00億円還元キャンペーンを実施しており、行政らしかぬ大胆なアイディア企画が気に入ったので泉佐野市とは縁がないが、最大限ふるさと納税枠を使うことにした。

 ふるさと納税については、国民にとって返礼品込みで考えると非常にお得な制度であり、また泉佐野市の今回のキャンペーンは非常にお得な制度なのでふるさと納税を考えている方はぜひお勧めしたい。お勧めする理由は以下の2点だ。

 ①総務省通達により自治体も返礼品についてはあまり過剰にならないように見直しており、ギフト券関係の返礼品を止めており、おそらくamazonギフト券を返礼品としてくれる自治体は今回の泉佐野市キャンペーンがラストと考えられる。

 ②今回の泉佐野市のキャンペーンは、通常の返礼品+アマゾンギフト券が寄付額の10-20%プラスされるという豪華ラインアップなので寄付をすればするほどお得である。というのは、ふるさと納税は実質的な自己負担は2000円で、それ以外は住民税・所得税控除という形で寄付金ー2000円分が控除されるからだ。これはふるさと納税額に関わらずなのでふるさと納税1万円でも5万円でも自己負担は2000円。勿論収入により上限額はあるが。だから自分の収入額に応じたふるさと納税額を最大限活用すればその分返礼額も大きくなるので自己負担2000円分を上回った分は、実質自治体からプレゼント頂いているのと同じことになるのだ。

 泉佐野市は特殊で泉佐野市の特設ホームページよりふるさと納税を申し込む形となる。キャンペーンとしては2種類あり、早く返礼品がほしい人はアマゾンギフト券10%で申し込みすればいいし、5月以降でも全然かまわない人はアマゾンギフト券20%を申し込めばいい。

 私はここでもウナギの返礼品とアマゾンのギフト券で申し込みを実施し、5月ー9月に毎月届くように予約をした。たいがい日程はいつくるか分からないので、返礼品はまさにプレゼント気分だし、普段ウナギ屋さんとか行けないので、届いた日は夕食が楽しみ。

 以上のことより泉佐野市のキャンペーンは3月までなので検討している方はお早めに。まだ時間があると思うといつのまにかキャンペーン終了となる可能性はあるからだ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します