消費税10%に向けて知っておくべき増税対策のポイントとは?

この記事は1分で読めます

今日は日経新聞記事からの注目記事をブログネタとした。

今年の10月からは消費税が10%となるが、消費が冷えこまないように政府は増税対策費用として2兆円を予算化した。具体策は以下の通りだ。

①キャッシュレス決済でポイント還元

クレジット使って買い物すると2020年6月まで最大5%還元。クレジットはJCB、楽天、三井住友、三菱UFJニコス、クレディセゾンの大手5社は参入予定で他社も追随すると考えられている。実質3%が値引きとなり、クレジットをフル活用したら今よりお得になる可能性は高い。

②プレミアム付き商品券

400円で500円買える商品券。低所得者が対象。最大25000円まで購入可能

③住宅ローン減税延長

10年から13年に延長。今年の年末から来年末までの購入者が対象。

④自動車税の減税

自動車税を最大4500円まで減税。購入時の税も期間限定で下げる

⑤教育無償化や社会保障費拡充

定年金者へ最大5000円まで毎月支給、3から5歳の幼児教育、保育無償化。認定こども園や幼稚園、地域型保育は無償。認定外は月37000円までを上限で補助される。

⑥インフラの防災対策等の公共投資

以上が主な増税対策だが、中でも①のクレジット還元は大きいと思う。クレジットを上手く活用すればお得感は消費者にとって大きい。

 政がも早めに発表している以上、我々国民も制度の内容を理解し上手く活用し、賢い消費者になる必要がある。資産形成中の我が家も今回の増税対策には上手くのっかかるようにしたい。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します