良品計画は最高益更新したのに株価がなぜ暴落したのか?

この記事は1分で読めます

今日の注目日経新聞記事は、会社業績が良いのに株価が暴落する矛盾が生じたわけを調べてみました。

 昨日の日経新聞では良品計画の決算っ今期の純利益が前期比12%の338億に増益したニュースだった。

 普通は利益率が増えれば好材料だから株価は上がると思いますが、結果的に下落してしまいました。なぜだろうたと思ってると、記事にヒントが隠されていました。

 今期の純利益338億円と増えた理由として有価証券売却益が86億円と昨日の記事で記載されたことで、一時的な利益と投資家が考えたこと、本日の記事で本業である営業利益が1%減益で、これは下方修正した営業利益に対してだから投資家からの売りを招いたと考えられます。

 このことからも一記事だけで会社の業績を判断するのではなく、なぜ営業利益が上がったか等細部まで分析する癖が必要だなと痛感しました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します