私が株式投資に挑戦している理由

この記事は1分で読めます

 まだまだ今の日本では貯金や現金保有率が高く、投資詐偽のニュースが流れるたびに投資はリスクとのイメージを持つ人が多く、または無関心な人並みが多いと考えてます。

 私が株式投資や不動産投資に興味を持ったのは稼いだお金を寝かすのではなく、生かしてレバレッジを効かせたいと考えたからです。

 まずは不動産投資を勉強し、不動産探しにチャレンジしましたが、住宅ローン抱えているなかでの不動産投資は空室率が高い中リスクが高すぎると判断しました。

 従って不動産投資は資産形成後の第2段階の投資と考え、資産が少ない今の資産形成段階では、会社員でできる投資は株式投資しかないと考えて現在に至ってます。

 株式投資の一番のメリットは、資産を大幅に増やせる可能性があるということです。だが勿論海千山千の強者も参加している株式投資で勝つことは容易ではなく、今も負けて何回も損含みが拡大し、何回も悔しい思いしましたが、可能性がある参加し続け、資産形成していきたいと考えてます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.30

    6月の投資成績

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します