日経新聞注目記事 ライザップは危機 再建請負人の松本氏が退任

この記事は1分で読めます

今日の注目記事はライザップの松本氏が一年で退任という記事でした。

 そもそもライザップは本業である健康関連事業に成功したので、色々多角化を急ぎすぎたのが失敗し、今年は180億の赤字となりました。

 去年が90億の黒字に比べて大逆転の結果です。なぜこんな正反対の成績になったかというと、企業価値より低い金額でM&Aを繰り返した為、一時的な負ののれんによる売上で利益が出たけど、手を出しすぎて赤字の子会社をたくさん抱えているのが現状です。

 そこで再建役として元カルビーの松本氏を迎え入れたはずで、私は動向を気にしてましたが、経緯はわかりませんが、瀬戸社長と恐らく対立して退任することになったと考えられ、これには株式は保有してませんが、失望しました。

 今後どうなるかはわかりませんが、少なくても今はライザップを応援する気はないですね。株価は最高値の4分の1まで落ちこんでますしね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。