9月2日 日経記事 マンションは中古が主役か?

この記事は1分で読めます

しばらくバタバタしていてブログ書けなかったが、いったん書くのをやめたらそのままになってしまうので再開です。

 今日は日経新聞ネタでマンションは中古物件が人気出てきたという記事です。

 記事による2018年マンション成約戸数が中古37217戸、新築が37132戸と上回ったようです。

 原因は価格急騰、10年前より3割高くなっているので、10年前に買ったら今売ると売れる可能性は高い。

だが今買うとオリンピックがピークだと思うので中古のほうがお得だろうというわけ。

日本人は新築信仰が強いが、今後は空き家が増えてくるから、マンションは中古流通が活発になれば空き家は減ってくるかもしれない。後都内であれば需要があるから、不動産投資するなら今から掘り出し物件を探すのも面白いかもしれないですね。まずは東京の不動産相場を勉強したいと考えてます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します