9月10日 注目記事 新しい働き方のギグエコノミーとは?

この記事は1分で読めます

今日の注目記事は新しい働き方であるギグエコノミーについてだ。

ギグエコノミー

ギグの由来は英語のgig。一度限りの演奏会を指す言葉を、自由に働く人の集まりととらえており、「インターネットを通じて単発の仕事を受注する就労する形態だ。

 会社という組織にとらわれず、ネット通じて仕事を請け負い、収入を得るいわゆるフリーランスの人たちは自分で自由に仕事を請け負うので会社の煩わしい人間関係も出社時間もないのが魅力だ。また今はランサーズ等の実績のあるネットでの仕事受発注サイトも活発化しており、徐々に自由な働き方を目指す人も増えてきている。

 実は99%の日本の企業は中小企業なのだ、だから中小企業や個人事業主が日本を支えているのだ。

 勿論自由には責任が伴います、フリーランスで生活できるのは一握りだ。

でも今後は会社一筋だけでなく、2つ、3つの顔を持っていて会社員が週末カフェを経営するみたいに2つの顔を持っていてもよいかと思う。

 自分も普段の仕事のほかに中小企業診断士目指しているのも自分の幅を広げたいから。年齢関わらず自分らしさを求めることで人生楽しめると思う。

これからもギグエコノミーがどう広がるか?注目したい。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。