株式投資の状況は含み損だが、長期投資で構える

この記事は1分で読めます

 今日は自分が株式投資の状況。

現状セプテーニ(4293)の株価が購入株価323円に対して319円、オーケストラ(6533)の株価が購入1198円に対して1014円、和井田製作所(6158)の株価が1290円に対して1274円と保有しているが現状全て含み損の状態だ。まあ短期の仕手筋が売買しているだけだから、元に戻るとは思っている。

 保有銘柄については成長銘柄と考えているので買収せずに残し、少しずつ買い増しする方法で長期的に投資をしたいと考えている。ただし会社の成長性がない場合は売却という形で考えている。ただやはり外れ株だったりや売買タイミング逃してしまったりでなかなか資産は増えないのが実情で今は株式投資の醍醐味が分かる1000万円さえ遠い道だ。

 ただ自分の資産運用スタイルは、銘柄選定の上2.3銘柄に長期スパンで集中投資することで投資リターンを得る形でまずは数倍上昇株を見つけたい。その方が短期売買より結局早いのではと考えているからだ。

 だからセプテーニとオーケストラはネット広告業界の穴場的銘柄、和井田製作所は金型の特殊研削盤というニッチ市場でシェアが高い和井田製作所を穴場銘柄として現状保有している状況だ。さてこの穴場銘柄が急成長してくれるか?注目していきたい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。