2次試験を受験。ベストは尽くしたが…

この記事は1分で読めます

バタバタしていたため、久しぶりの投稿になります。

10月20日の日曜日に中小企業診断士の二次試験を受験。ひたすら知識力を求められる一次試験と全く違い、二次試験は記述式だから論理力と短く自分の考えをまとめる要約力が求められる。

 実は一次試験後で燃え尽き症候群に陥り、全く二次試験の対策をする気になれず、事例を数多くやるつもりが6年分軽くやっだだけで挑む形で正直準備不足であり、来年に勝負する形で考えていた。

 一番の難関である会計関連の事例4を中心に勉強した為、例年より易しく思えた。

 事例3が全くダメだったが、事例1.2は埋めれたから内容はともかく必死に準備したら今年落ちても来年勝負できるという感触だった。一次試験も去年挑戦の一年目は知識として定着しなかったから、2科目しか合格出来なかったが、一年かけて準備し一次試験に絞って対策したから今年は合格できた。

 二次試験は2回挑戦できる。もともと来年勝負するつもりだったから、来年は合格するように今から準備したい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。