今日の注目記事 保育園運営で急成長 上場予定のKids Smile Holdings

この記事は1分で読めます

今日の記事は3月に上場予定の企業で急成長しているKids Smile Holdingsについてです。

 共働き世代の増加で問題点となっている自動待機問題。この企業は保育所需要をベースに、都内を中心に保育所運営を約拡大しており、売上高も2015年は526百万円だったのが、2019年度予想売上が5,327百万円と約10倍に成長してます。
認可保育所と認可外保育施設の運営が主力事業で、2019年12月末時点で入園者は2700人強。認可保育所は東京を中心に46カ所あり、売上高の9割を占める。利用者に保育サービスを提供し、自治体から補助金をもらうビジネスモデルです。
 追い風として幼児教育無償化もあり国策といっても過言ではないくらいで、国からのバックアップで急成長している企業かなと思います。
 ここの強みは提供する教育プログラムの充実度で自律性や好奇心、忍耐力など、テストでは測れない『非認知能力』を育むカリキュラムを独自に開発している点です。
 23年3月期からは教育内容を自由に決められる認可外保育施設の拡大にかじを切る。フランチャイズ展開も始め、規模拡大のスピードアップを図るようです。
 今後の上場予定なので株価も含め注目したい。
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します