今日の日経注目記事 やはり嫌われた旧村上ファンド 東芝機械買収防衛で思ったこと 

この記事は1分で読めます

最近コロナのバカヤローのせいで、株式投資はジェットコースター状態で正直怖いが、チャンスでもあるので負けを返そうと面白い企業探してるなかで久しぶりに村上ファンドの話題が出たので、今日のブログはその話題へ。

 ブルームバーグ: 旧村上ファンド系の投資会社から株式公開買い付け(TOB)の通告を受けた東芝機械株が急騰して、一時TOB価格である3450円を上回ったが、は東芝機械が他の既存株主に新株予約権を割り当てる買収防衛策(ポイズンビル)を臨時株式総会で可決したら、TOBを撤回するとのことで、その路線が濃厚になると案の定株価が急落し、2100円まで下がりました。まさにマネーゲーム。

 結局損したのはマネーゲームに付き合わされ、惑わされた東芝機械株を保有する投資家だろうと思います。

 本当に村上さんは前からお金儲けが全面に出ていて好きではなかったが、案の定買収後の経営方針は明確でないとのことだから、東芝機械を売って儲けることしか考えてないのかなと思います。

 まだまだ投資家としては失敗ばかりで損してばかりですが、長期的な視点で成長企業を見極めるいい授業料と思い、これからも投資は続けたいですし、少なくとも村上さんみたいな投資姿勢には私も株主なら賛同しないし、経営方針や財務状況みて長期保有で判断できるようになりたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します