今日の日経注目記事 アウトレット食品販売の三方よしで大人気!東京のミニスーパーの挑戦とは?

この記事は1分で読めます

 今日の日経注目記事は、賞味期限手前ばかり販売するアウトレット食品スーパーの紹介です。

 東京・世田谷にあるアウトレット食品専門ミニスーパー「iiMarket(アイアイマーケット)」は緊急事態宣言が出てからは入店制限をしているが、今大人気なんだそうです。

 人気の秘密は全商品が廃棄処分直前の品で通常の半値以下という安さとともに、今日本の問題点である「食品ロス」「SDGs」(持続可能な開発目標)などに関心を持つ人たちをひきつけています。

 マーケティングとしては、SNSと口コミのみ。

レジのスタッフは基本ボランティアで無給だが、代わりに店内の品物を決まった金額分支給する形でスタッフも物々交換スタイルに賛同しているためモラールもあり、顧客とのコミュニケーション力が高いのも魅力的です。

 あまりにもお客が集まるため、4月4日には店主が、来店時のマスク着用と一度に入店できるのは6人までにするなどの”来店制限”をLINEで通知しますが、来客が絶えないようです。

 アウトレット販売のシステムは、食品に関しては、食の安全に厳しい日本ではなかなかビジネスとして成立しなかったが、食品ロス削減という追い風の中、こうしたビジネスで環境問題や社会に貢献するESG経営はますます必要になると私は感じます。今後の取り組みに注目してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します