株式投資の4月の成績

この記事は1分で読めます

 株式投資の4月の成績は、大塚グループの売却で+38000円でとなりました。ただし東レが1日銀に大幅な調整が入り、含み損で5000円あります。

 大塚グループが5月1日に逆指値で4180円設定したら株価がガタガタ下がり自動で売却された為ですが、今回コロナの反省から逆指値を設定を徹底するようにし、売却について目標ガブガブを設定して大幅に値上がりしたら利確定の最低ラインは確保できるようにしました。その事で利益を確保できます。

 ただ大塚グループは大塚製薬母体で、コロナの中巣籠もり消費や医薬需要増の恩恵を受けていると考えてますので、またタイミングみて購入したいと考えてます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

日中はサラリーマンとして仕事しながら兼業投資家として株式投資を主体として億り人を目指します